トラックドライバーとして働くのに必要な資格とは

トラックドライバーとして働きたい場合には資格を持っていることが必要になります。運転免許には種類があって、運転するトラックの積載量や総重量によって取得していなければならない免許が異なっています。大型免許、中型免許、普通免許の第一種のものがあれば良いというのが基本で、タイヤが6つや8つあるような大型トラックの場合には大型免許が必要です。実際には中型免許でも十分な現場も少なくありません。軽トラックや小型のトラックの場合には普通免許でも運転できるので、求人を見ても普通免許が必要条件になっているだけで他に一切の記載がないこともあります。どんなトラックを運転する現場で働くかによって必要な資格が違うということは覚えておきましょう。

資格は入社してから取れるのが一般的

トラックドライバーの求人に応募するときには予め中型免許や大型免許を取得しておかなければならないのでしょうか。実は入社してから資格を取れる仕組みになっている場合がほとんどなので、求人に応募する時点では特に免許を取得する必要はありません。ただ、入社してすぐに資格を取れるのが前提になるので、普通免許を持っていることは求められます。資格がない人の場合には入社したら研修を受けながら教習所に通うことになるのが一般的です。教習所の費用は全て会社持ちになるのが基本で、業務に必要なものだから会社が持つというのは考えてみれば当然でしょう。このような仕組みになっているので、トラックドライバーになりたいなら普通免許だけで十分なのです。

埼玉のドライバーの求人では地元の道に詳しい人を歓迎しています。またカーナビを用意しているので、道に詳しくない人でも安心して応募できます。