ドライバー仕事にはどんな種類があるの?

ドライバーの仕事のひとつに荷物の運搬をメインに行うトラックドライバーがあります。大型トラックや中型トラック、小型トラックとトラックの大きさによって走る距離が変わることが特徴です。大型トラックのドライバーは県を超える長距離ドライバーとして、小型トラックのドライバーは個人のお客さんに直接商品を届ける仕事が多い様です。運転するトラックの大きさによって、普通免許から大型免許と必要になる資格が異なります。

運賃が発生してお客さんを乗せるドライバーの仕事では、バスドライバーやタクシードライバーが活躍します。お客さんを乗り降りさせる場合は第二種運転免許の取得が必要になり、加えてバスなどの大型車の場合は大型二種免許が必要になります。バスドライバーの仕事は決まったルートを走る路線バスと、長距離の運転が必要になる観光バスなどがあります。その他にも幼稚園の送迎バスなど運賃が発生せず決まったお客さんを送迎する送迎ドライバーという働き方もドライバーの仕事のひとつです。

ドライバー仕事のメリットデメリットとは!?

ドライバーの仕事は自動車の運転が好きで、自身のスキルを活かしたいという方におすすめの職業でしょう。また、ドライバーの仕事を続けることでドライブテクニックの向上も期待できます。他にも、決められた時間通りに荷物を届けたりお客さんを送迎したりと責任の生じる部分も多いですが、そのぶん交通事情に詳しくなるというメリットもある様です。また、長時間の運転に加えて荷物の積み下ろしなど体力や集中力なども必要になります。ドライバーの仕事は、地域の足や物流の要として必要とされている職業です。

滋賀 のドライバーの求人は京阪神ほど多くはありません。また、トラックドライバーの場合、配送先が北陸、関東というものもあります。