工場では設備の管理ができる人を求めています

工場で必要とされている人材は、機械のオペレーターや検査ができる人の他にも様々なスキルの人を求めています。特に必要とされているのは、生産性の向上を目的とした設備の改善ができる人です。工場で作っている商品は、その会社のオリジナルの物が多く、工夫されたものばかりです。そのため、製造設備も購入したまま使用するのではなく、会社独自に改良をしています。特に昨今の人手不足や働き方改革のために、生産性を向上させるには、設備の改善が不可欠です。タクトを上げたり、設備が作り出す品質を向上させることが会社の使命となっています。そのため、設備を安定して稼働させられるように管理する人材や、設備を改善してタクトを向上させるスキルを持った人材を求めています。日本の優れた製品は、優れた設備から生み出されるのです。

IT化の推進ができる人材を求めています

現代の工場ではIT化の推進が急務となっています。IT化によって働き方改革を推進している会社が多く、品質管理もIT化されトレサビリティーが簡単に追えるように進めています。製造条件もすべてIT化することで、品質向上と労務費の削減が可能となります。そのため、工場ではITの知識が豊富で、製造工程をIT化できる人材を求めています。この場合、自社で様々なプログラムを作りあげる場合と、購入してきたソフトを改良することもあります。どちらも、すぐれたITの知識を持った人材が必要となります。IT関連企業ばかりでなく、工場でもITの知識を活かせる仕事が多くあります。

utエイムの求人情報なら