情報検索の前に自己分析をするのが基本

就職活動を展開する時は、求人情報を探すのが基本です。仕事探しをする上では大前提なので、頭の中に入れておきましょう。ただ、そもそも自分自身がどのような種類の職場で働きたいと感じているのか、その部分に関して明確にしておくことが大事です。歩くべき道筋や方向性が定まっていた方が、就職活動もしやすくなります。よって、自分のことを客観的に見て、得意な分野をはっきりとさせておいた方が良いでしょう。例えば、ハローワークで求人情報を探すにしても、単なる求人検索の場所として終わらせるのではなく、相談に乗ってもらうのが妥当です。親切丁寧なハローワークの職員であれば、キャリアカウンセリングをしてくれます。自己分析の延長として、大いに役立ってくれるでしょう。

就職エージェントも有効活用しておきたいところ

また、ハローワークだけではなく、仲介に入ってくれるコンサルティング業者を選ぶことが重要となります。就職エージェントとして活躍しているコンサルティング業者なら、こちらのプロフィールをしっかりと確認し、それに基づいて的確な職場を探し出してくれるでしょう。1人で探すよりも、よほど効率よく職場探しができるようになります。ただ、コンサルティング業者によって、用意している求人情報の種類がある程度変わってくるので注意です。医療関係の仕事、販売関係などといった具合に業者によって様々な為、働きたいと感じている職場の種類に応じて、声をかけるエージェントも変えると良いでしょう。

仕事探しといえばハローワークが代表的ですが、タウン雑誌や派遣、企業HPなどさまざまなところで求人情報を見ることができます。自分に合う条件かをチェックしたら履歴書を送り、面接をするのが一般的です。