プロの指導を直接受けられる

大学や短期大学に通学して保育士資格を取る1番のメリットが、プロの指導を直接受けられることです。保育士に必要とされる知識や技術は多岐に渡ります。保育士となって子どもの発達に応じた指導を行うためには発達心理学の知識が必要ですし、子どもの創造性や手先の巧緻性を向上させる目的で工作を行うこともあります。大学や短期大学にはそういった保育士の業務に必要な知識や技術を持つプロが指導を行っています。何も保育士に関する知識や技術がない状態から保育士を目指すのであれば、プロから直接指導を受けられる環境は心強いのではないでしょうか。

学内でも実習が受けられる

保育士が業務の中で行う実技は工作だけではありません。ピアノや歌、外遊びや体を使った遊びなども行います。また、行事の時には園児と一緒に料理を行うこともありうるでしょう。大学や短期大学に通学していれば、保育園での実習時以外にも学内で、こういった実技の実習を重ねることが可能です。また、ピアノの練習室や体育館といった設備も整っているため、講義の空き時間や放課後などに、自分で練習することも可能になります。

モチベーションを保ちやすい環境で学べる

大学や短期大学に通って保育士資格を目指す場合、所定の単位を取得していなければ資格試験は受けられません。今日は面倒だからさぼっちゃおうということを積み重ねていると、資格試験すら受けられないという事態になりかねないので、頑張って通おうというモチベーションを保ちやすいのです。また、同じ資格の取得を目指す仲間が身近にいるという環境もモチベーションの維持に役立つのではないでしょうか。グループで行う実習を通して、一生仕事の相談ができる仲間を作れる可能性もあるでしょう。

苦労して保育士の資格を得たなら、保育士の求人を大阪で探してみましょう。大阪なら関西で最大の街ですので、たくさんの保育園があります。