接客が苦手な人に最適なバイト先

工場でのアルバイトはキツイ・キケンといったイメージが付きまといがちですが、食品工場など施設によっては外よりもはるかにクリーンな空間で安全に作業することができます。一口に工場と言っても生産される物は様々で、選び方によっては接客や配送・警備等のアルバイトよりも体力的・精神的に楽な仕事を見つけることも可能です。作業内容や時間帯によって時給にも幅があり、短期集中で稼ぎたい人は深夜帯の作業を選んだり、時給は安めでも楽をしたい場合は昼間の数時間だけ働くなど比較的シフトが自在に選べるようになっている点で時間に制約がある学生や育児・介護を行っている人に適しています。接客や電話応対有りの事務職など人との接し方が重要で多数の案件を同時にこなさなければならないような仕事は苦手でも、一つの作業に集中してをコツコツと行うことは得意な人に最適な仕事が多いのも工場で働くメリットと言えます。

バラエティー感がある作業内容

工場のタイプや規模にもよりますが作業内容にバラエティー感があることも特徴で、アルバイトを通じて自分にはどんな作業が向くのか実体験しながらお仕事適正診断ができる場にもなっています。整理整頓が好きな人には製品を発送先別に分類して行くような仕分け作業が向いており、几帳面で集中力があるタイプの人は出荷前の製品に不具合がないかどうかをチェックする検品作業が向いています。工場が何を生産しているかで違ってきますが、機械部品もあれば食品や日用品など身近な製品もあり種類も様々です。製品は機械で生産してもラベルなど手作業で貼って行く仕事や工場内の倉庫で在庫数を数えたりする棚卸し作業、製品を箱詰めしたり梱包する作業もあります。

工場の求人を選ぶ時は職場環境を確かめ、勤務時間や給料などが自分に適した内容であることを把握して決めると安心できます。