単身赴任の際に家具・家電を買ってしまうと処理に困る

サラリーマン男性が単身赴任で遠い場所に引っ越す事が決まった場合、基本的には家具・家電一式を揃えなければなりません。しかし、例えば単身赴任の期間がわずか1年くらいだったとすると、単身赴任期間が終了したのち、買った家具・家電をどうすれば良いのか困ってしまうものです。1年しか使っていないものをゴミとして処理するのは勿体ないほか自宅に持ち帰っても邪魔な荷物になるだけのようなところがあります。そんな短期の単身赴任におすすめであるのがマンスリーマンションで、貸出会社によって程度は違うものの、必要な家具・家電が揃っているため新規で買う必要がありません。そういった意味で、マンスリーマンションは特に単身赴任中に住む物件として向いていると言えます。

若者が家具・家電を揃えるにはお金がかかる

20歳前後でまだ貯金額が少ない人の中には、敷金・礼金はなんとかなっても、家具・家電を買い揃えるお金がないため一人暮らしが始められない人もいると言われます。しかし、マンスリーマンションであれば通常の賃貸物件は少し家賃が割高になってしまいますが、家具・家電が付いているため気軽に一人暮らしを開始する事が可能です。一般賃貸住宅に住み、家具・家電はクレジットカードのリボ払いをうまく利用して買い揃えるという手もありますが、それだとリボ払いの返済で苦しむ恐れがあります。それより、安く住めるマンスリーマンションに住んでお金を貯めていき、お金が貯まってから一般賃貸住宅に引っ越して家具・家電を買い揃えるという形がおすすめです。

マンスリーマンションとは、1ヶ月など短期間住む人のためのマンションやアパートです。そのため、家具や家電は備え付けられている場合がほとんどです。